’16復刻版シュトーレン販売について

  • 2017.12.04 Monday
  • 20:28

今年も、シュトーレンの沢山のご注文、本当にありがとうございます。

本日ご案内するのは、お待たせいたしました。

去年’16年版の復刻シュトーレンです。

こちらは、去年と同様のセットでお届けいたします。

シュトーレンを入れる木箱は、星空の工房campanellaさんに、

表のイラストは、krimgenさんに、

そして中に星パン屋のシュトーレンを入れた、温かい雰囲気あふれるシュトーレンセットになっております〜

去年ご購入できなかった方、今年初めて見て気になっていた方、

是非この機会に…☆彡

とはいえ、先日のブログでも少し書きましたが、いかんせん体調が本調子ではないため、

多く焼けない事・またcampanellaさんも、木を切る所から…そうまさに1からこの箱を作ってくださっていますので、

同じく箱の大量生産も出来ない事、ご理解いただけますと幸いです。

シュトーレンは約18cmのものです。

ラム酒に漬けているドライフルーツをたっぷり包んでおります。

ラム酒につけた期間は、1年以上のものもあれば、半年、2カ月のものもまぜておりますので、

所々で深いラムの味や、爽やかなラムの味をお楽しみいただけるかと思います☆

シュトーレンを食べ終わった後は、木箱を是非、オリジナルの使い方で使っていただけたら、我々皆嬉しいです〜

シュトーレンが入っている場所と、あともう1つ、小さな引き出しもついているのが可愛さ倍増のポイント。

ここに、何か隠したいもの(笑)を入れたり、お気に入りのカードや思い出の手紙を入れたり…

色々悩まれてくださいね!

【’16星パン屋復刻版シュトーレン】

値段:3500円(税込)

特典:オリジナル木箱

※去年は木箱の引き出しにおまけの小さな物語を入れておりましたが、今年はありません

※今年のシュトーレン限定バッジは付いておりません

予約:星パン宅急便サイト


予約開始:12月10日21時〜
お一人様お一つまで

【要一読:今回、店頭お渡し用・配送用と分けて掲載いたします。店頭用ご予約のものには送料は含んでおりません。ご希望の方を必ず確認の上、ご予約ください。※例えば配送が先に売り切れとなり、店頭をわざと予約される等が発覚した際は、お断りすることもございます。あらかじめご了承くださいませm(_ _)mなので必ず、確認の上ご注文くださいませ。)

2017シュトーレン

  • 2017.11.17 Friday
  • 19:25

今年もシュトーレンの季節がやってきました。

街も、気づけばクリスマス色に変わってきましたね。

シュトーレンは、ドイツの伝統的なクリスマス菓子です。

クリスマスまでのアドベント期間に、毎日1枚ずつスライスして食べていくそうですが…

毎年言っておりますが、絶対にクリスマスまで持ちません(笑)

持ったことがありません。

美味しくて、ついついもう1枚・もう1枚…あれ、もうない・・・・・となります(笑)

今年は焼けないかもしれないと思っていたのですが、

待ってくださっているお客様が沢山いらっしゃり…(ありがとうございます…)

なんとか少しずつ、焼けそうですので、無事ご案内に至りました。

シュトーレンは、出来上がるまでに手間暇のかかる贅沢な発酵菓子です。

今年は、自分の体調と相談しながら、のんびり焼くことにしました。

通販でも店頭でも、少しずつの販売となります旨、何卒ご容赦くださいませ。

すぐ売り切れとなりましても、出来る限り来月上旬ごろまでは、休む日がありつつも焼き続ける予定ですので、

随時SNS(主にtwitterになります)での販売告知を確認の上、宅急便サイト・並びに店頭でご購入いただけますと幸いです。

twitterアカウント:@hoshipanya

店頭では、お電話いただいた当日に、お店にご来店できる方のみ、お電話でご予約を承ります。

(前日の電話や、〇日に取り置きたい、等は承りません。何卒ご理解くださいませ*)

また、”明日ありますか?来週焼きますか?”などのお問合せは、極力お電話にてお願いいたします★

メールでのお問い合わせは、控えていただけると本当に助かります(タイムラグもありますので…)

お電話に関しては、営業時間前8時頃〜17時の、水〜日にご連絡いただけますと幸いです><

細かいようで申し訳ないのですが、心に余裕を持ち、一つ一つ真心を込めておつくりしたいため…

何卒よろしくお願いいたします…☆

電話:045−350−3131

色々と以下も記載がありますが、ご一読をお願い申し上げます。

今年のシュトーレンは、2バージョンでお届けいたします。

1.シュトーレン

約18cm

料金:3200円(税込)

特典:星パン屋3周年イラストクリスマスver.クリップピン付バッジ(イラスト:krimgen)

星パン宅急便:随時更新(更新の際はtwitterで何時から追加販売するか必ずご案内いたします)

店頭:随時販売日更新(上記同様twitterで更新します)

1年以上ラム酒に漬けたドライフルーツや、くるみ・ピスタチオがたっぷり混ぜこんであります。

スパイスの効いた生地には、バターではなく太白ごま油を使用しており、ヘルシー且つ上品な甘さです。


※生地のコーティングにはバターを使用しております。
卵は使用しておりません。

また、真ん中にはマジパンが入っております。

2.球体タイプのシュトーレン2つセット。

料金:2100円(税込)

特典:上記同様

宅急便・店頭共に上記同様

1つは?と同じ・もう1つはマジパンの代わりに無添加粒あんを入れ、粉糖&きな粉をまぶした少し和風なシュトーレンです。

小ぶりな(およそ直径6cm)球体シュトーレンが2つとなります。

〜復刻版2016シュトーレン木箱タイプ〜

iPhoneImage.png

去年ご購入いただけなかった方や気になっていた方へ…☆彡

去年ご好評いただいた星パン屋×krimgen×星空の工房campanellaのシュトーレン付木箱BOXも、

12月に販売する予定です。

こちらは追加生産が出来ないため、売り切れ次第終了となります。

また別途、ご案内いたしますので、こちらを希望の方はしばしお待ちくださいませ。


※こちらの復刻版販売が終了次第、??含めシュトーレン自体の販売も終了となります。
ご検討の上、ご購入ください。

?のあんこシュトーレンもとってもおススメです!

が、?のデメリットは…おそらく…すぐ食べ終わること、です(笑)

シュトーレンは、とてもとても贅沢な材料を使っておりますので、

少々値が張るお菓子です。

ですが、それ相当の味わいがあります。

一度食べたら、毎年食べたくなる…他のお店のシュトーレンも食べてみたくなる…

そんなシュトーレン、今年は星パン屋のもいかがでしょうか^^

キッチンも、シュトーレンを作り始めクローブやカルダモンの香りに満たされて参りました^^

長くなりましたが、今年もどうぞ、よろしくお願いいたします☆彡

しずく出版のこと

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 21:52

色々とぼやきたいことや書きたいことがありながらも、

なかなかブログを書くという気力が起きず、

しばらく放置気味でしたが…。

このブログまで読んでくださっている方や、更新を楽しみにしてくれている友人がいたことを知ったので(笑)

また少しずつ復活して書いていきたいと思います^^

SNSは時に疲れますので、そういう時はブログの方がいいですね。

見たい人だけが、たどり着いて読んでくれる、といいますか。

 

最近は本当に、色々…いろいろいろいろありすぎて、

いつか全部、ブログや物語として、少しずつお伝え出来たらいいなと思っています。

 

 

今日は『しずく出版』について。

『しずく出版』は先月、イラストレーターkrimgenと一緒に立ち上げたリトルプレスです^^

今までも短編小説や短い詩を書き、時に星パン屋にフリーペーパーとして置いたり、宅急便に添えたりして、

多くのお客様に読んでいただいておりましたが、

改めて『しずく出版』として、活動をしていくことになりました^^

とはいえ、まだまだ設立したばかりなので、作品が増えていくのはこれからとなりますが、

興味を持っていただけたらとてもとても、嬉しいです^^

 

 

 

現在は、minneで販売をしております。

また、近々以下の雑貨屋さんでもお取り扱いいただきます。

※現在はクリスマスカードのみとなります。

 

LUPOPOさん

 

MIKKEさん

 

 

そして私も、改めて”深谷しずく”の名前で、活動をしていきます^^

深谷は、生まれた時に授かった私の姓です。

今は別の姓になりましたが、深谷として生まれ、大切に育ててもらった大切な姓なので、

これからは物語の作者として、生き続けてほしいな…という願いも込めてつけました。

”しずく”はkrimgenさんが付けてくださいました!

 

 

krimgenさんは、私にとって占い師のような…笑、私の色んな事を大昔から知ってくださっているような、

本当に素敵で不思議な方で^^

krimgenさんから”しずく”という文字をいただいた時、すぐにこれだ!と思いました。

今までもkrimgenさんとは、よく『耳をすませば』の話をしていました。

私は主人公の雫が大好きで。

雫のように妄想癖な所も、またがむしゃらに物語を書く姿も、自分と重なる所もあるからです。

krimgenさんは、そんな雫の話を読んでくれる、優しいおじいさん。

雫のはちゃめちゃな処女作を、原石だと言って読んでくださり、最後には温かな鍋焼きうどんを食べさせてくれる…

あの優しいおじいさんです。

いつも私の書いた物語を、一番始めに読んでくださるkrimgenさんは、まさにあのおじいさんで。

 

また、

雨の雫がなければ、虹は生まれない。

という素敵な言葉も教えていただき、それがまるで物語が生まれる一滴のように美しく響き、

しずくという名前に決めたのでした。

 

 

とはいえ、私以外の人にとってはどうでもいい話でしょうが(笑)

いいんですいいんです、きっとそういうものです(笑)。

勝手に一人で嬉しくて、勝手に一人で恥ずかしいものなんですから(笑)。

 

今は、小さな詩を乗せたkrimgenイラストのクリスマスカードを販売中です。

のんびりペースにはなると思いますが、

これからも物語カードや短編小江s津等…

色々な物語を、少しでも多くの方に読んでいただけたら・・・嬉しく思います^^

 

 

作家としても引き続き、よろしくお願いいたします。

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM