静脈瘤で日常が一変…

  • 2018.07.11 Wednesday
  • 22:36

妊娠中期からひどくなり、臨月に入る今の今まで私を苦しめているのが、

この静脈瘤(じょうみゃくりゅう)…。

 

しかも同じ症状になったことのある人が、周りに誰もいないという…。

この辛さをなかなかうまく伝えられない悲劇…;;

 

ネット上には、少しだけですが同じ症状の方がいて、その方のブログを何度も読みました。

とはいえ、この静脈瘤の最悪な所は、出産しないと治らない、ということ(逆を言えば、出産すれば治る)。

 

 

静脈瘤とは、静脈が伸びて曲がって、数珠のように膨れた状態のことだそう。瘤=コブのようなものです。

妊娠すると血液循環が悪くなり、足に静脈瘤が出来てしまった、という方は結構多いそう。

確かに、妊娠中は足が、とにかくむくみますよね…何度、寝ている間にこむら返りを起こしたことか・・・・。

でも私の場合、出来た所が最悪で。

いわゆる、外陰部。

外陰部がですね…通常の3倍くらい、腫れあがります(苦笑)。これはもう、現在進行形で毎日です。

 

 

とにかく辛いのは、立っていられない事。数秒でも辛いです。

立っていると、じんじんがんがんと痛くなってきて、もういてもたってもいられない苦痛にさいなまれます…。

そのせいで、パン屋で立ち仕事をするのが困難になってしまいました。

なんとか座って作業するのですが、効率が悪くて…><

家でも料理なんて作れやしないので、すぐにキッチン用に椅子を買い、座りながらゆっくり料理を作るようにしました。

これまた効率が…

せっかちで時間に常に追われているのが好き(笑)な私としては、ストレスでしかありません。

 

 

ちょっとした運動に…と散歩したくても、立ちっぱなしよりは歩いている方がマシなのですが、

数十分すればもう、痛みで歩けなくなり、休み休みになる感じなのです。

 

 

産婦人科の先生に言っても、結局は産むまでは我慢だね、悪くならないように気を付けて、のみ。

…涙。

むくみの薬を飲んでみたり、春も夏も腰の下にホッカイロを貼り、血流を良くしてみたりしても…

効果なし(涙)。

 

 

寝起きは血がそれこそ溜まるのでとにかく痛いし、トイレも痛い…。立ってられない長距離歩けない・・・

スーパーのお買い物ですら耐えられない・・・

もういやだ辛いよーーーーーと何度か家で泣きました(笑)

そんな日々もあと30日ほどと思えば、今はもう耐えるしかないと思えていますが…。

こんな事があるなんて、全く想像だにしていなかったです。

それが妊娠なんだな…だってもう一人、別人格がお腹にいるんだもんな…と、自分を納得させるしかありません(笑)

 

 

ちなみに私は、生理の時も、この静脈瘤になっていました。

生理初日、いつも立っていられないくらいジンジン痛くて。それが普通だと思っていたのですが、

どうやら皆さん違うようで。

元から冷え性であり、とにかく下半身の血流がわるいのかな…と、今は体質改善をしなければ、と真剣に思っています。

もし同じ症状がある方も、ぜひぜひ、一緒に血流を良くすべく頑張りましょう・・・;;

 

 

百聞は一体験にしかず〜妊娠中期編〜

  • 2018.07.05 Thursday
  • 14:46

つわり終わったーー!!!

と、実感できる日やタイミングは、特にありませんでした(笑)

常に、”つわりおわるおわる詐欺”に合っていましたから…苦笑。

 

あれ?今日なんだか楽じゃない?もしや、つわり終わりに近づいた?!と喜ぶと、

翌日には吐いていたりします(笑)

そんな感じで、つわりは日々一進一退の攻防を繰り返し、スッキリ消えてなくなるのではなく、

徐々に…徐々に…楽になってきたような?という感じで終わります。

 

 

 

でも正直私の場合、終わった…とは思えなかったです。

「おえ〜!」と言ってしまったり、匂いで吐き気が増すことがなくなってきても、

ずっと胃液が口の中にあり、食べると胃もたれする日々で、結局そのまま妊娠9か月まで至ってます・・・。

もうかれこれ10カ月…完璧な胃で食事をしていません…それが一番つらいです;;

でも一番辛いのは、どんどんと潰されていく胃本人のはずなので(笑)

 

 

 

更に中期(いわゆる安定期)に入ると、頭痛が増えました。

つわりの代わりにやってきたよ〜とでも言わんばかりの頭痛地獄・・・。

辛すぎて、産婦人科の先生や妊娠を経験した友人達に相談し、ひどくなりそうなときは薬も飲むようにしていました。

(薬を飲むときは、必ずお医者さんにご相談くださいね・・・)

片頭痛の対処法は先日ブログにも書きましたが、自分自身が耐えられない状況になる前に、私は薬・カフェインは仕方なくも

摂取しました。

 

 

あとは、動悸と貧血。

特に食後がひどく、電車の中で意識を失いそうになったこともありました…甘く見ちゃいけないですね…。

食べたら横にならないと、動悸がひどい。でも横になると、胃液が上にあがってくる…。

地獄です(笑)

 

 

しかし・・・・!

こんな症状は序の口。いや、辛いんですけど、辛いけれどもっとひどい症状が、私を今の今までずっと苦しめます・・・。

それは、

 

静脈瘤・・・。

この静脈瘤のせいで、パン屋での仕事はもちろん、家事すらままならない状況に陥るのでした・・・・つづく。

 

 

百聞は一体験にしかず〜妊娠初期編〜

  • 2018.07.04 Wednesday
  • 18:27

妊娠中の事とか、育児のこととか。

まさにその人だけの体験であり、それをブログに書いたりあーだこーだ言ったりするのは、

どうなのかな、と思うタイプでした。

でも実際妊娠してから、どれだけの方のブログやSNSを見たことか…(笑)。

助けられる事の方が遥かに私にとっては多かったので、

いつかの誰かの励みになったりするものだと思い、書いてみようと決めました。

 

なので、興味ない方はスルーしてくださいね。

私も、元々は興味ない人だったので。

 

 

時期別に…特に感じたことだとか、辛かったことだけ書いていこうかなと思います。

 

 

妊娠初期、私の場合は真冬でした。

冬が大嫌いな私ですが、ある意味つわりのお陰で、全く冬を感じず(もはや記憶にすらない笑)あっという間に

季節が巡った感じです。

 

初期はただただ、つわりが辛い、つわりが辛い、つわり、つわり、いつおわる・・・

これのみ、です(苦笑)

私の場合は、食べつわり8割・吐きつわり2割。

食べつわりは、食べれば気持ち悪くないんでしょ?なんて言われたら殴りますね・・・笑

食べないと吐きそう(でも吐けない)、食べたら食べたで胃が猛烈に気持ち悪い、・・・という日々・・・。

そして俗にいう、匂いづわりもあり、特にご飯の香り、冷蔵庫の香り、ブロッコリーの香り(笑)が駄目でした…。あと、煙草の香りも。

幸い、パンは全く食べたくなかったのですが、香りは大丈夫だったので、なんとかお店で働くことはできました。とはいえ、どうやって働いていたのか、記憶にありません…笑

シュトーレンだけは、意地でも…と思って焼きました。

 

食べられるものも、

ある日はチョコレートパフェだけ、ある日はカラムーチョ、ある日は肉まんあんまん、ある日は酢飯、と、

今思うと謎…。

 

 

ピークの時は家事はほぼできず、ただただ横になって、ドラクエ3をやる毎日…笑。

不思議なのは、ホルモンバランスはとても安定していて。

体調は最悪なのに、心はものすごく安定していたので、もったいない気持ちでしたね…。

なので、もう辛くて泣いちゃうーーーーみたいなことはなく、ただただじっと、死んだ魚の目で耐えていました笑。

 

 

そんな私のつわり軽減策は、

キシリトールガムを噛み続ける、でした。

気持ち悪くなったらとにかくガムをかむ。

寝ている時も、ガムを噛んでいました(苦笑)。そうじゃないと、気持ち悪くて眠れないので。

スーッとしますし、口の中が空っぽではなくなるので、気持ち悪さが軽減できましたよ^^

 

でも今では、ガムをかむとつわりを思い出し、ガムを噛めなくなりましたけどね・・・・・笑

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM