しずく出版のこと

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 21:52

色々とぼやきたいことや書きたいことがありながらも、

なかなかブログを書くという気力が起きず、

しばらく放置気味でしたが…。

このブログまで読んでくださっている方や、更新を楽しみにしてくれている友人がいたことを知ったので(笑)

また少しずつ復活して書いていきたいと思います^^

SNSは時に疲れますので、そういう時はブログの方がいいですね。

見たい人だけが、たどり着いて読んでくれる、といいますか。

 

最近は本当に、色々…いろいろいろいろありすぎて、

いつか全部、ブログや物語として、少しずつお伝え出来たらいいなと思っています。

 

 

今日は『しずく出版』について。

『しずく出版』は先月、イラストレーターkrimgenと一緒に立ち上げたリトルプレスです^^

今までも短編小説や短い詩を書き、時に星パン屋にフリーペーパーとして置いたり、宅急便に添えたりして、

多くのお客様に読んでいただいておりましたが、

改めて『しずく出版』として、活動をしていくことになりました^^

とはいえ、まだまだ設立したばかりなので、作品が増えていくのはこれからとなりますが、

興味を持っていただけたらとてもとても、嬉しいです^^

 

 

 

現在は、minneで販売をしております。

また、近々以下の雑貨屋さんでもお取り扱いいただきます。

※現在はクリスマスカードのみとなります。

 

LUPOPOさん

 

MIKKEさん

 

 

そして私も、改めて”深谷しずく”の名前で、活動をしていきます^^

深谷は、生まれた時に授かった私の姓です。

今は別の姓になりましたが、深谷として生まれ、大切に育ててもらった大切な姓なので、

これからは物語の作者として、生き続けてほしいな…という願いも込めてつけました。

”しずく”はkrimgenさんが付けてくださいました!

 

 

krimgenさんは、私にとって占い師のような…笑、私の色んな事を大昔から知ってくださっているような、

本当に素敵で不思議な方で^^

krimgenさんから”しずく”という文字をいただいた時、すぐにこれだ!と思いました。

今までもkrimgenさんとは、よく『耳をすませば』の話をしていました。

私は主人公の雫が大好きで。

雫のように妄想癖な所も、またがむしゃらに物語を書く姿も、自分と重なる所もあるからです。

krimgenさんは、そんな雫の話を読んでくれる、優しいおじいさん。

雫のはちゃめちゃな処女作を、原石だと言って読んでくださり、最後には温かな鍋焼きうどんを食べさせてくれる…

あの優しいおじいさんです。

いつも私の書いた物語を、一番始めに読んでくださるkrimgenさんは、まさにあのおじいさんで。

 

また、

雨の雫がなければ、虹は生まれない。

という素敵な言葉も教えていただき、それがまるで物語が生まれる一滴のように美しく響き、

しずくという名前に決めたのでした。

 

 

とはいえ、私以外の人にとってはどうでもいい話でしょうが(笑)

いいんですいいんです、きっとそういうものです(笑)。

勝手に一人で嬉しくて、勝手に一人で恥ずかしいものなんですから(笑)。

 

今は、小さな詩を乗せたkrimgenイラストのクリスマスカードを販売中です。

のんびりペースにはなると思いますが、

これからも物語カードや短編小江s津等…

色々な物語を、少しでも多くの方に読んでいただけたら・・・嬉しく思います^^

 

 

作家としても引き続き、よろしくお願いいたします。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM