妊娠後期〜百聞は一体験にしかず〜

  • 2018.07.18 Wednesday
  • 16:32

 

いよいよ妊娠後期に入ると、やってきたのが後期悪祖。いわゆる後期つわりです…。

前期に比べればマシ…なのですが、とにかく胃がむかむか気持ち悪く、少し何かを食べるだけで、

1−2時間は胃もたれで動けないような状態…。

 

それが、まさに今ピークを迎えております(笑)。

現在、胸のすぐ下に子宮があり、「えっと…胃はどこいった?」状態。

押しつぶされている胃が、沢山食べ物を受付られるはずもなく、毎日すぐキャパオーバーです。

妊娠前、一体どんな感じで食事をしていたのか…今や思い出せません;;

とりあえずの改善策は、ちょこちょこ少しずつ食べ、胃に負荷をかけすぎないこと、です。

 

 

あとは貧血がひどくなり、いよいよ鉄剤を処方されました。

そうでなくても毎日暑くてクラクラするので、気を付けなければならないですね・・・。

 

それと、私が後期とにかく悩まされたのは、カンジダ菌。

こやつ…本当に侮れなかったです…。

カンジダ菌は、いわゆるカビ菌の一種で、誰の体にも生息している菌なのですが、

妊婦は免疫が落ちるため、この菌が繁殖しやすいんです。

まぁもれなく私は、その一人になりまして(苦笑)。

そうでなくとも、静脈瘤で痛いのに、かゆみも加わった日にはもう・・・絶叫したい日々でした・・・。

しかも、3度くらい再発しましたし…^^;

妊娠生活が終われば、こちらも自然と良くなるのだとは思いますが・・・。

少しでも違和感を感じたら、すぐに産婦人科の先生に言った方がいいです!すぐに先生が処置してくださいますよ。

 

 

 

と、まだ終わっていない私の妊婦生活なのですが、

正直に言いますと、この約9カ月・・1日も体調が万全な日はありませんでした^^;

苦行…修行だと思って、耐え抜いて耐え抜いて過ごしていました…。

きっと、色々と体調がひどい方の妊婦なのだと思いますが、その分、命をお腹で育てることの大変さを

とにかく実感しました。

もっともっと今まで、妊婦さんに優しくしたかった、というのが正直な気持ちです。

 

 

本当はもっと、「よしよしいいこだね〜うふふ。」みたいなマタニティ生活を想像してたのですが、

そんな時間はほぼ訪れず(笑)、

「こんちくしょう…出てきたら文句言ってやるぞこらぁ」と思いながらのマタニティ生活でしたね(笑)

 

赤ちゃんがお腹の中で頑張って育っている事はもちろんですが、私にとっては、

自分の体が一生懸命、大きくなる子宮や赤ちゃんに押しつぶされながらも、赤ちゃんに栄養をあげ、更には私にも栄養を与えてくれ…そんな自分自身を、産み終わったら本当にほめてあげたいです…。

出来る事なら直接会ってそれぞれの臓器に挨拶したいですが、そんなことしたら死ぬので(笑)、

心の中で沢山、いたわってあげたいと思います…;;

 

 

読んでいただくとわかるかもしれないのですが、私は未だ、赤ちゃんに対しての実感がありません。

ママはお腹の中で育ててるから、始めから母性がある…と言いますが、正直そんな実感は一切ないですし、

未だお腹に赤ちゃんがいると信じていません(笑)お腹で動く不思議な生き物…という感覚です。

赤ちゃんの事よりも、書きたいお話の事ばかり考えていたり。

復帰した時に焼きたい新しいパンの事ばかり練っていたり。

変わってしまう自分が怖いのか、自分を保とうとしているのか。そういう所もあるのかもしれません。

 

 

 

と、長々と連載(?)してきましたが、あとはいよいよ産むのみ!となりました^^

楽しみと不安と…毎日色んな想いが駆け巡っておりますが、

無事良い報告が出来る様、頑張りたいと思います〜!!

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM