自分から命が生まれてくるという不思議

  • 2018.09.25 Tuesday
  • 16:28

さて、そうこうするうちに、予定通り無痛分娩が出来ることになりました。笑

何のための入院だったのか・・・と思いましたが、最終的にはこの入院で体力をためられたのかな、と。

赤子が、胃が気持ち悪くて全然ちゃんと食べていなかった母に「産むとき大変だから力つけとけよ」と

破水をもたらし、入院させてくれたのだと・・・・。

 

私の病院では、分娩前日に背中に注射をし、麻酔を流し、

翌日陣痛促進剤を使いながら、麻酔を足していく・・・という流れでした。

得意なことは注射、と言ってもいいくらい注射はへっちゃらなのですが、さすがにドキドキしました…。

でもその時、大丈夫と言わんばかりに、お腹の赤子が動いてくれたことが、今も忘れられません。

さて、これで少しは痛みが軽減されて産めるのかな?

妊娠中、9か月本当に地獄だったから、最後くらい少しは苦痛を減らしてもらってもいいよね?

なんて…。

地獄〜最終章〜の始まりはここからだったんですよ。笑

 

麻酔後すぐに、子宮口が1cmしか開いていないからと、バルーンという、子宮口をあける処置をしました。

名前からして、怖いですよね?笑

まさにバルーンという名前通り、子宮の入り口に膨らむ謎の器具?なのか?を沢山入れてこじ開ける・・・という感じ。

「麻酔してるから、痛くないよ」

そう先生も助産師さんも言いました。

「・・・ん?え、いたー!!」

「麻酔してない人はもっと痛いんだよ〜あはは」

 

いやいや…結構痛い。

これより痛い?皆さんすごい…尊敬しかない…。

と思っていたのですが、痛いはずです。

私、麻酔全然効いてなかったんです。

 

 

 

涙。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM