自分から命が生まれてくるという不思議

  • 2018.11.05 Monday
  • 20:53

さて、いよいよラスト、分娩の時です。

 

陣痛にもがき、もはや意識朦朧の中、色んなギャラリー(笑)が集まってきました…。

主治医の先生のみならず、助産師さん数名、小児科の先生、更には研修医の人・・・・

 

いや見世物じゃないんだってばーーーー!!!!

 

と今なら思いますが、その時はもはや、どうでもいい(笑)

いいから、もうなんでもいいから、早く産ませて、これのみです。

 

 

その時、先生がなにやら…大きな大きなスプーンのようなものを持ってきました…。

赤子が下に降りてこないため、スプーンで無理やりかきだす・・・・・

”鉗子(かんし)分娩”。

吸引は知っていたのですが、鉗子分娩はこの時初めて知りました。

それを見た時、後ろにいた夫と母は心配MAXだったそうです。

 

そして多くの人が嫌がる会陰切開。

陣痛MAXのタイミングで先生が麻酔を打つので、全く痛みはありませんでした。

「次の陣痛のタイミングで産むよ!」

と言われ、もう孫悟空の気分ですよ…クリリンのことかーーーですよ…笑。

2・3回いきんだと思います。

もう一人の先生にはお腹を思い切り押され、下からはスプーンを入れられ、それを研修医の人達が「おお!」と観察

している中…苦笑

「なんか出る!」と大きな何かを感じた時、赤子がでてきました。

 

 

すぐに泣かず、助産師さんが叩いてくれ、ようやく肺呼吸で泣きだした我が子。

私も泣いてしまいました。解放感やら安堵やら喜びやらもうぐしゃぐしゃになりながら。

「本当に、本当に人間が入ってたんだ。本当に私が、生き物を生んだんだ。」

不思議すぎて実感できず。

後ろにいた夫と母を振り返ると、母がなんだかあんまり嬉しそうじゃない顔をしていて、

「どうしたの?」と言うと、なにやら血圧計がなっている…。

皆が「大丈夫ですか?大丈夫?」と聞いてくる…なぜ…。

 

その時私は、1500mlもの出血をしていたのでした…苦笑。

 

 

冬の特別星パンについて

  • 2018.10.24 Wednesday
  • 19:41

いよいよ寒い季節がやってまいりますが、

クリスマスまでの期間は、美味しいものが街にあふれ、その街もきらびやかな雰囲気で、

とても好きです^^

 

さて、星パン屋の今後の特別パンの予定です。

予定なので、予定は未定、とも思っていてください…笑

そう思っていていただいた方が、少し気持ち楽に頑張れるので…^^;

 

クリスマスパンは、今年もシュトーレンを焼く予定です。

今年のシュトーレンの特典は、イラストレーターkrimgenさんの星パン屋オリジナル2019年カレンダー

を予定しております!A4サイズで12カ月が記載されたカレンダーです^^

本年度は、星空の工房campanelaさんのシュトーレンBOXはございません。ご了承ください。

シュトーレン販売は、11月中旬〜下旬を予定しております。

 

そして、こちらは余裕があれば&理想通りの仕上がりになれば…なのですが、

もう一つクリスマスパンとして、イタリアのクリスマスパン”パネトーネ”と大好きなシナモンロールを合わせた、

”シナトーネ”なる創作パンを焼こうかなと思っております^^

販売できる際には、また告知いたします。

シナトーネ販売は、12月初旬〜中旬を予定しております。

 

 

最後に、来年2019年は、久しぶりにお節星パンを販売する予定です^^

お節星パンとは、まるでお節のように、様々なパンや焼き菓子が入った詰め合わせBOXです。

こちらのBOXが!今年は星空の工房campanellaさん作成BOXとなります。

シュトーレンよりも倍、大きいものになります。

(BOX表イラストは、krimgenさんの予定です^^)

和食ばかりで、ちょっと味付けの濃いものばかりで飽きちゃったな…

なんて頃に、是非ご購入いただけたら幸いです。

販売は、1月中を予定しております!

 

 

まだ具体的にご案内が出来ず申し訳ございませんが、

焼ける見込み等が分かり次第、ブログやSNSにてご案内いたします。

年末年始の星パン屋も、どうぞよろしくお願いいたします☆彡

 

自分から命が生まれてくると言う不思議?

  • 2018.10.24 Wednesday
  • 19:23

先生の中での頼りになる若手の先生が麻酔を新たに入れてくださり、

しばらくすると、すぅーーっとウソみたいに無敵状態になりました。

あの痛みはどこへ!?と、一気に元気になる私に、夫も一安心。

 

 

どんな処置をしたのかいまいちよくわからないのですが、

恐らく背中から入れていた管?を入れなおし、そこにまた麻酔を足したのかな?と。

その時は確かに、歩くことはもうできず(下半身がマヒしていて)、尿道に管を入れる感じになりました。

「あぁよかった。これで子宮口が開いてくれたらいいね。」

その頃、確か子宮口は5cmくらいだったでしょうか。

その後、あんなに開かなかった子宮口はみるみる開いていき、8cmになった頃、

母も病院に到着。さぁこのままあっという間に10cmめでたしめでたし・・・・

 

のはずが。

 

 

ん?

なんか・・・

いた・・・い?

母が到着した頃、私は最大の痛みと闘っていたのでした・・・。苦笑

結論、やっぱり私は麻酔が効きづらい体だったようで。

始めは、医療ミスじゃ…なんて病院を疑いましたが、2回もミスするとは考えづらい笑。

 

気づけば一人、テニスボールをお尻の穴に押し付け、ふぅーーーふぅーーーーと

また出家信者になっていました。笑

陣痛の痛みは、生理痛があるのに下痢痛まで来ちゃったけどどうしようもない+骨盤やお尻の骨やらが毎分2Fから

投げ落とされて砕けるような感じでした

…といっても、今では思い出せないのですが、そう思ったことは確かです。笑

 

 

頑張った甲斐もあり、子宮口は開始から10時間後全開に。

がしかし…赤子がおりてこない。涙

「今からはいきんでいいから!踏ん張る練習だと思って頑張ろう!」と

女神のような助産師さん達の励ましを糧に、陣痛が来るたびに踏ん張る私。

「これだけ力強く踏ん張れるのは、麻酔が効いてないからだね…」と助産師さん。

麻酔が効いていると、足に力が入らないので、踏ん張り方が分からなくなるそう。

残念ながら、足にもしっかり力が入っていた私…。

それっていいんだかわるいんだか…でもここまで来たら、母強し。

もうすぐクライマックスのはずだ!と気持ちが一気に高揚し、

とにかく力いっぱい踏ん張りました。

 

 

それでもあまり降りてこない赤子。

どれだけ、母のお腹が居心地いいんだか笑。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM