自分から命が生まれてくるという不思議?

  • 2018.10.24 Wednesday
  • 18:40

日々忙しなくしているうちに、あっという間に10月も終わりを迎えてしまいそうです。

出産の記憶がまだあるうちに、続きを書いておきたいと思います。

そう、私は無痛分娩を選択しました。

でもこれ、そもそも名前が良くないのではないかと…。

”運が良ければ無痛だし運が悪ければ普通に痛いよお金もったいないかもよ分娩”です。笑

無痛分娩をした友人も沢山周りにいますが、

全く痛みを感じずに出産が終わったという子もいれば、結局陣痛が弱まってしまい、途中から麻酔を切った、

という子もいました。

その中でも私は、そもそも麻酔がほぼ効かなかった、といういや〜なタイプです苦笑。

背中に注射をし麻酔を流せる状態にした翌明朝、陣痛促進剤を打って出産への道がスタートしました。

麻酔をうっているので、太ももの感覚が触ってもないのは、ちょっと怖かったです。

でも本来もっと効いていれば、立つことも出来なくなるみたいなのですが。

始めは、流れるラジオを聴く余裕もありました。

一時間置きに促進剤を足され…常につけているMST(陣痛のタイミングや赤ちゃんの心拍が分かる装置)も、

陣痛の間隔が短くなっているのが分かりました。

このあたりから、弱い生理痛のような痛みがありました。

でも、「完全に痛くなくなるわけじゃないって言ってたし。」と、まさか麻酔が効いてないとは思わず。

促進剤だけはどんどん足され…「おや?これ結構いたくないか?」となっていく私。

夫が駆けつけてくれた時には、既に「いやちょっとこれ結構痛いんだけども・・・」となり、

腰をさすってもらうという、早くも普通分娩と同じような感じに笑。

なのに子宮口はまだ2cm、とそんなレベル…涙(※10cmにならないと踏ん張れないのです。入口が広くならないと、赤ちゃんが下りてこれないのです)

4−5時間後には、もだえるような痛みが腰からお腹にかけてあり、

無痛分娩だから使わないだろうと思っていたテニスボールを使う事に・・・苦笑。

でも決めていたのは、絶対に声を出さないこと。

というか、前日まで陣痛で叫ぶママさん達の声を聞いてしまったせいで、自分はとりあえず無になろう、

となぜか決めたのです。笑

なのでベッドの上にあぐらをかき、遠くを見てただただ呼吸に集中する、

出家した人みたいな状態が1−2時間続きました笑。その頃の陣痛感覚は既に3.4分。

陣痛が来るときは、すがりたい、助けてほしいという力を込めて

夫の手を握りしめました。

いてくれて本当に心強かった・・・。

でも痛くて痛くて。

私、これ麻酔うってるんだよね?ねぇ?なんで?

という、痛みよりも悔しさから涙が止まらない笑。

いよいよこれはおかしい、絶対おかしい!と思い、助産師さんや先生に訴えると、

「確かにそんなに痛いのはおかしい…もう一度入れなおしましょう」

となる。

え?こんなに痛いのに、また背中を丸めて(これもお腹が大きいので地味につらいのです)麻酔をうつの?

あぁでももうなんでもいいからどうにかしてーーーーー

と、涙ボロボロ鼻水ダラダラ・・・苦笑。

自分から命が生まれてくるという不思議?

  • 2018.09.25 Tuesday
  • 16:28

さて、そうこうするうちに、予定通り無痛分娩が出来ることになりました。笑

何のための入院だったのか・・・と思いましたが、最終的にはこの入院で体力をためられたのかな、と。

赤子が、胃が気持ち悪くて全然ちゃんと食べていなかった母に「産むとき大変だから力つけとけよ」と

破水をもたらし、入院させてくれたのだと・・・・。

私の病院では、分娩前日に背中に注射をし、麻酔を流し、

翌日陣痛促進剤を使いながら、麻酔を足していく・・・という流れでした。

得意なことは注射、と言ってもいいくらい注射はへっちゃらなのですが、さすがにドキドキしました…。

でもその時、大丈夫と言わんばかりに、お腹の赤子が動いてくれたことが、今も忘れられません。

さて、これで少しは痛みが軽減されて産めるのかな?

妊娠中、9か月本当に地獄だったから、最後くらい少しは苦痛を減らしてもらってもいいよね?

なんて…。

地獄〜最終章〜の始まりはここからだったんですよ。笑

麻酔後すぐに、子宮口が1cmしか開いていないからと、バルーンという、子宮口をあける処置をしました。

名前からして、怖いですよね?笑

まさにバルーンという名前通り、子宮の入り口に膨らむ謎の器具?なのか?を沢山入れてこじ開ける・・・という感じ。

「麻酔してるから、痛くないよ」

そう先生も助産師さんも言いました。

「・・・ん?え、いたー!!」

「麻酔してない人はもっと痛いんだよ〜あはは」

いやいや…結構痛い。

これより痛い?皆さんすごい…尊敬しかない…。

と思っていたのですが、痛いはずです。

私、麻酔全然効いてなかったんです。

涙。

自分から命が生まれてくるという不思議?

  • 2018.09.25 Tuesday
  • 16:18

ここ最近、日本では災害が頻繁に起こっていますね…。

平成最後の年は、ある意味忘れられない年になりそうです…。

災害国に住んでいる身として、常に他人ごとではない豪雨や台風、地震。

とにかく備えあれば憂いなしなので、防災の意識を高めグッズを集めたり、家族で定期的に

災害があった際の打ち合わせをすることはとても必要ですね。

日本ごと、宇宙に飛んで他の地に住めればいいのに…なんてことを考えてしまう毎日です。

そんな中、私は新しい命を生みました。

こんな私のつたない妊娠記録を読んでくださっている方々がいる事を知り、自分の体験談として、また

今後出産される方のちょっとした参考にでもなれば・・・と、記録に残したいと思います。

簡潔に…いや、簡潔になんて書けるだろうか…笑

私は、所謂無痛分娩を希望していました。

無痛分娩に対する考え方は色々とあると思いますが、私は全く抵抗がなく、痛くないに越したことはない、という考えです。

事前に、この日に入院をして麻酔を打って…という計画が立てられていたのです。が。

まぁそんな計画通りに運ぶわけが、ないんです(笑)

だって赤子は、私の体の中にいても、私じゃないんですから。

そう、子供は別の命。大切でも、全く別の存在。産む前から、そこを忘れてはいけないなと。

入院3日前の深夜に破水し、慌てて病院へ連絡〜からの強制入院。

破水すると、ばい菌が体内に入ってしまう可能性があるため、家にはもういられないのです。

破水した日が土曜日で、土日は無痛分娩の対応をしていない病院だったので、

「あぁやるしかないな。」という強い気持ちとは裏腹、心臓はバクバクでした笑

さて破水したからには、今日中に陣痛が来るんだろうな、と覚悟していたにも関わらず、

2日入院しても全く陣痛が来る気配なく、ただ入院している人、状態(苦笑)

むしろ、今までひどかった胃のムカムカが解消され、妊娠中9か月の中で一番元気状態(笑)

じゃあゆっくり眠れたかというと、私がいた所は『陣痛室』で、周囲には同じ陣痛室や分娩室があり・・・他のママさんの叫び声で眠れません・・・泣。

こんな、世の終わりみたいな叫び声初めて聴いた…と思いながら寝ようとするも、怖すぎて眠れず、私の陣痛は遠のくばかり笑。

「えーっとちょっと、怖いんで一旦産むのやめていいですか?」

と言いたい。言ったところで産まなきゃいけないんだけど。笑

お腹の赤ちゃんはというと、呑気にしゃっくりばかりしていました笑

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM